TOP > 製品紹介 > パルプモウルド > 工業分野
パルプモウルド(パルプモールド) 工業分野

パルプモウルド工業分野

工業分野での活用/Industry

工業分野では主に家電製品や工業機器の部品から医療器具まで様々な用途でご採用いただいています。
パルプモウルドは紙器の組み合わせと異なり一体成形であるため、包装作業の省人化や能率向上でコストダウンが出来るとともに立体成形により強度と緩衝性も高く、パルプモウルド独特の色合いや肌合いは商品のイメージアップにも繋がります。
【用途例】
・衛生陶器
・家電機器
・自動車機器
・住宅設備機器
・医療機器
上記用途以外でも様々な実績がありますので、お問い合わせ下さい。

工業系分野での活用

工業分野での製品ラインナップ/Lineup

工業分野での包装事例をご紹介します。ここで挙げた事例以外にも数多くの実績がありますので、お問い合わせください。

トレータイプ(1)

持ち帰り用のドリンクホルダーとして利用されています。全サイズのドリンクが固定可能で数量も1ケまで分割使用できます。安定性、吸水性に優れています。

トレータイプ(1)

トレータイプ(2)

医療機器では人工透析用ダイアライザーの包装材として利用されています。この緩衝用トレーは、包装の減容化、簡素化、自動化に貢献しています。

トレータイプ(2)

サイドパッドタイプ

サイドパッドタイプは比較的軽量品(プリンター用トナーカートリッジなど)の緩衝材として利用されています。

サイドパッドタイプ

上下パッドタイプ

上下パッドタイプは比較的重量品(電気温水器など)の緩衝材として利用されています。

上下パッドタイプ

4点パッドタイプ

4点パッドタイプは緩衝材を必要最小限にしたタイプで、製品寸法が大きい給湯器やファンヒーターなどの緩衝材として利用されています。

4点パッドタイプ

パルプモウルド折り曲げタイプ

折り曲げタイプはパルプモウルドを折り曲げて使用することで高い緩衝性を持たせることができます。

パルプモウルド折り曲げタイプ

パルプモウルドと段ボールの複合設計

パルプモウルドと段ボールの複合設計も行っています。パルプモウルドと段ボールのそれぞれが持つ良い部分を組み合わせた包装設計となっており、トータルコストおよび緩衝性を最大限発揮することができます。

パルプモウルドと段ボールの複合設計

工業分野でのパルプモウルド導入効果/Effect

事例1 作業性の向上

パルプモウルドは梱包材の組立が不要なため、梱包材の部品点数削減にも貢献します。

パルプモウルドとは

事例2 梱包材の在庫スペース縮小

パルプモウルドは重ねあわせる事が可能なため、梱包材の在庫スペース縮小に繋がります。

パルプモウルドとは

事例3 環境に優しい

パルプモウルドは古紙をリサイクルしているため環境に優しく、廃棄する際も分別が可能です。

パルプモウルドとは
TEL
東京支店03-5640-5715
関西支店072-625-6780
九州支店0949-42-6301
受付時間:AM9:00~PM5:00 (土・日・祝日を除く)
お問い合せ(パルプモウルド)

お問い合せはこちらから

お電話でのお問い合せ

東京支店:03-5640-5715
関西支店:072-625-6780
九州支店:0949-42-6301
受付時間:AM9:00~PM5:00 (土・日・祝日を除く)

WEBからのお問い合せ

お問い合せ(パルプモウルド)