TOP > 採用TOP > 先輩紹介 > 技術開発部 山口 渉吾

INTERVIEW先輩紹介

パルプモウルド製品の機能性向上

および新製品の開発

山口 渉吾 INTERVIEW

パルプモウルド製品の機能性向上

および新製品の開発

技術開発部

山口 渉吾 2015年入社

主な仕事内容

パルプモウルド製品の機能性向上および新製品の開発

私の所属する技術開発部は、当社の主な製品であるパルプモウルド・フィルム・紙袋・段ボールの製品開発が主な業務です。また各生産工場の技術的サポート、社外との共同研究や製品を一般に紹介するイベント活動なども行っております。業務内容も様々で、私はパルプモウルド製品の機能性向上を目的とした圧縮・落下テストなどのデータ取りや薬品の選定を行いながら、一方で3Dプリンターの開発を目的とした社外との共同研究に取り組んでいます。またパルプモウルド製品を一般に広く知ってもらうために北九州を中心に環境イベントを実施するなど、数多くの業務に取り組んでいます。他部署に比べて数多くの経験を積むことができますので、「初めてのことも恐れずにまずやってみる、経験してみる」ということを念頭に業務に向き合っています。

山口 渉吾

一番嬉しかったこと

古紙リサイクル体験イベントを初めて実施したとき

当社の主力製品の1つであるパルプモウルド製品は、古紙を主原料に作られるリサイクル製品です。残念ながら知名度はあまり高くありません。そこでパルプモウルドをよく知ってもらうことを目的に、大型トラックの荷台に工場設備を設けた移動型工場を開発しました。これをイベント会場や小学校に持っていき、パルプモウルドと古紙リサイクルについて広報する活動を今年から行いっています。その中で私は企画・社外とのやりとり・イベント進行など中心的な役割を任されました。イベントの企画や進行など初めてで、どう進めればいいのか悩んだこともありましたが「初めての経験は必ず自分のためになる」と思って取り組みました。その結果、部内のメンバーや社内の経験豊富な方々にも協力してもらい、平成29年5月20日、無事に初イベントを終えることができました。

staff05_4.jpg

大石産業を選んだ理由・会社の好きなところ

売上実績・就業環境・福利厚生・先輩社員の働きぶりをみて

私が大石産業を選んだ理由は、まずHPの企業情報を見て売上実績が堅調で赤字がなかったこと、年間休日が多く福利厚生が充実していたことです。そしてネットでの評判や先輩社員の方のお話を聴いた結果、いわゆる「ホワイト企業」であったことも大きな理由です。また、私は大石産業のインターンシップで就業体験しました。その時に担当していただいた先輩社員の方が、若いながらも実績を積み、会社の利益に貢献する結果を出していました。私もその先輩社員のようになりたいという憧れと、大石産業は若手がどんどん活躍できる職場であるということがわかり、選ぶ決め手となりました。

就活をしている後輩へのメッセージ

就職活動は自分の将来、人生を決める会社を選ぶ重要な出来事です。ただ私は、結果にかかわらず就職活動に取り組むこと自体も、非常に貴重な経験であると思います。就職活動を通して自分を客観的に見ること、相手にきちんと想いを伝えるスキル、初対面の人とのコミュニケーションなど、社会人に必要なことを数多く経験することができます。結果に一喜一憂するだけでなく、就活自体も自分をレベルアップしてくれるものであると認識してもらいたいです。

ENTRY 「エントリー」または「説明会予約」は
リクナビから受付いたします。

ページトップへ