TOP > 製品紹介 > 段ボール > 提案事例
段ボール

段ボール提案事例

段ボールの提案事例/Proposed Case

段ボール製品は最適な包装形態を選択することで作業効率向上やコストダウンを図ることができます。総合包装資材メーカーとして段ボールの枠にとらわれないご提案もいたします。その他の事例につきましてはお問い合わせ下さい。

事例1 作業効率アップ、安全性アップ

イージーオープナーの導入提案
開封を簡単に行うことができ、カッター等を使用せずに開梱できるため安全性が向上し、内容物への傷つき防止効果もあります。

作業効率アップ、安全性アップの事例

事例2 作業効率アップとコストダウン

青果物用段ボールへのノンステープル形状導入
封緘、開封を簡単に行うことができ、内容物の確認検査が円滑にできるため作業効率が向上、上フタ、下フタにテープが不要のため、コストダウンも図ることができます。

作業効率アップとコストダウンの事例

事例3 入れ方変更によるコストダウン

段ボールへの入れ方を変えることで箱の面積を小さくすることができるためコストダウンを図ることができます。

入れ方変更によるコストダウンの事例
TEL
九州支店0949-42-0370
受付時間:AM9:00~PM5:00 (土・日・祝日を除く)
お問い合せ(段ボール)

お問い合せはこちらから

お電話でのお問い合せ

0949-42-0370

受付時間:AM9:00~PM5:00
(土・日・祝日を除く)

WEBからのお問い合せ

お問い合せ(段ボール)