TOP > 大石産業について > 会社沿革
大石産業について

会社沿革Corporate History

大正14年4月 福岡県八幡市(現、北九州市八幡東区)に、大石商店を創業。藁工品、麻袋の販売を開始。
昭和8年4月 再生袋の製造、販売を開始。
昭和22年2月 大石商店の組織を変更し、株式会社大石商店を設立。イメージ
昭和23年6月 福岡県八幡市(現、北九州市八幡西区)に、大石工業株式会社を設立。
シャベル、スコップ、農機具などの製造、販売を開始。イメージ
昭和23年7月 福岡市に九州資源株式会社を設立。製紙原料(新聞古紙)の回収、販売を開始。
昭和24年8月 大型クラフト紙袋の製造、販売を開始。
昭和25年9月 大石工業株式会社において、スチールサッシ・ドアーの製造、販売を開始。
昭和27年2月 大石工業株式会社を吸収合併し、社名を大石産業株式会社に変更。
昭和28年8月 段ボール設備を新設し、段ボールの製造、販売を開始。
昭和34年10月 千葉市に工場を新設し、大型クラフト紙袋の製造を開始。
昭和36年5月 福岡県八幡市(現、北九州市八幡西区)に、工場を新設。
アルミサッシ・ドアーの製造、販売を開始。
昭和37年10月 福岡県小倉市(現、北九州市小倉南区)に、工場を新設。
大型クラフト紙袋の製造を開始。イメージ
昭和38年12月 福岡県鞍手郡鞍手町に鞍手モウルド株式会社設立。
パルプモウルド製品の製造を開始。イメージ
昭和40年4月 福岡県直方市に工場を新設。段ボールの製造を開始。イメージ
昭和42年10月 千葉工場内に樹脂製造設備を新設。樹脂袋の製造を開始。
昭和43年10月 福岡県鞍手郡鞍手町に、大石サッシ株式会社を設立。
スチールおよびアルミサッシ・ドアーの製造、販売を新会社に移管する。
昭和43年11月 大分市に大分段ボール株式会社を設立。
昭和44年7月 北九州市八幡西区にマタイ大石樹脂株式会社を設立。
樹脂重袋ならびに軽包装材の製造を開始。
昭和47年6月 静岡県富士市に、鞍手モウルド株式会社富士工場を新設。
パルプモウルド製品の製造を開始。
昭和47年10月 鞍手モウルド株式会社(福岡県鞍手郡鞍手町、資本金1億5千万円)の
総販売代理店となり、パルプモウルド製品の営業販売を開始。
昭和48年3月 熊本県山鹿市に、熊本段ボール株式会社を設立。
昭和50年6月 青森県上北郡下田町に、鞍手モウルド株式会社八戸工場を新設。
パルプモウルド製品の製造を開始。イメージ
昭和52年10月 大石サッシ株式会社を吸収合併。
昭和53年6月 鞍手工場内にマタイ大石樹脂株式会社の新工場を建設。樹脂製造設備を移転増設。
昭和53年9月 福岡県鞍手郡鞍手町に、株式会社ユニパックを設立。新製品・新市場の開発体制を強化。
昭和54年7月 香港に亜細亜包装有限公司(ASIA PACKAGING SYSTEM Ltd.,)を設立。
昭和54年9月 北九州市八幡東区に、トヨタビスタ北九州株式会社を設立。
昭和55年5月 福岡証券取引所に株式上場。イメージ
昭和57年4月 鞍手モウルド株式会社、マタイ大石樹脂株式会社を吸収合併。
昭和58年10月 OA機器部を新設。日本電気株式会社販売代理店となり、同社製品の販売を開始。
昭和61年4月 OA機器部を独立、北九州市八幡東区に、株式会社アクシスを設立。
平成元年4月 熊本段ボール株式会社を株式会社サンオオイシに社名変更し、南九州を販売エリアとして事業開始。
平成元年4月 経営企画室の「AVチーム」と九州資源(株)デザイン室ファディモを統合、AV、デザインの複合化を計る。
平成2年3月 マレーシアに、CORE PAX (M) SDN. BHD.を設立。
平成5年4月 ファディモ事業部を独立し、北九州市八幡東区に株式会社ファディモを設立。
平成6年4月 シンガポールにシンガポール営業所を開設。
平成8年11月 茨城県北茨城市に、茨城工場を新設。パルプモウルド製品の製造を開始。イメージ
平成10年4月 九州資源株式会社を株式会社ファディモが吸収合併。
平成10年6月 トヨタビスタ北九州株式会社の株式を売却。
平成11年4月 大分段ボール株式会社を吸収合併。
平成12年1月 株式会社サンオオイシを吸収合併。
平成12年3月 フィルム部鞍手工場でISO 9002認証取得。
平成12年4月 株式会社アクシスと株式会社ファディモの合併。
平成13年1月 CORE PAX (M) SDN. BHD.でISO 9001を認証取得。
平成13年3月 モウルド事業部茨城工場、関東営業課及び設計チームでISO 9001を認証取得。
平成14年1月 モウルド事業部の3工場(鞍手・茨城・八戸)と3営業課(西日本・関東・東北)及び本社でISO 14001を認証取得。
平成14年6月 中国に、大連大石包装有限公司を設立。
平成15年2月 紙袋事業部小倉工場でISO 9001を認証取得。
平成16年5月 茨城県北茨城市にフィルム事業部関東工場新設に伴い、千葉工場の樹脂生産設備を移転。
平成17年2月 段ボール事業部でISO 9001を認証取得。
平成19年4月 フィルム事業部でISO 14001を認証取得。
平成19年7月 福岡県鞍手郡鞍手町に、パルプモウルド九州第三工場を新設。
パルプモウルド製品の製造を開始。イメージ
平成22年12月 CORE PAX (M) SDN. BHD.がGMPの認証を取得。
平成25年6月 マレーシアに合弁会社ENCORE LAMI SDN.BHD.を設立。
平成26年8月 CORE PAX (M) SDN. BHD.がISO 22000:2005とMS 1480:2007の認証を取得。
平成28年4月 大阪府茨木市に関西営業部を開設。
平成29年2月 CORE PAX (M) SDN. BHD.がハラール認証を取得。
平成29年4月 関西営業部を支店に昇格。
  • パルプモウルド九州第一工場

    鞍手工場 パルプモウルド製造課(第一)

  • パルプモウルド東北工場

    八戸工場

  • パルプモウルド関東工場

    茨城工場 パルプモウルド製造課

  • パルプモウルド九州第二工場

    鞍手工場 パルプモウルド製造課(第二)

  • フィルム九州工場

    鞍手工場 フィルム製造課

  • フィルム関東工場

    茨城工場 フィルム製造課

  • 紙袋北九州工場

    小倉工場

  • 段ボール北九州工場

    直方工場